TOP
プログラミング独学コンテンツ一覧
Javaで四則演算、階乗、べき乗、Mathクラスの使い方を習得して計算をマスターしよう

Javaで四則演算、階乗、べき乗、Mathクラスの使い方を習得して計算をマスターしよう

最終更新日
実行時の環境
Java SE17.0.10
JDK17
このコンテンツでは、いろいろなJavaの計算方法を紹介します。

Javaの計算方法一覧

まずは以下に計算方法の一覧を記載します。たいていの場合、Javaの計算方法はこれで十分です。
Main.java
public class Main {
    public static void main(String[] args) {
		// 加算(足し算)
		int a = 1;
		int b = 2;
		int c = a + b;
		System.out.println(c); //=> 3

		// 減算(引き算)
		int d = 5;
		int e = 3;
		int f = d - e;
		System.out.println(f); //=> 2

		// 乗算(掛け算)
		int g = 2;
		int h = 3;
		int i = g * h;
		System.out.println(i); //=> 6

		// 除算(割り算)
		int j = 6;
		int k = 2;
		int l = j / k;
		System.out.println(l); //=> 3

		// 剰余(割り算の余り)
		int m = 7;
		int n = 2;
		int o = m % n;
		System.out.println(o); //=> 1

		// 階乗
		int p = 5;
		int q = 1;
		for (int r = 1; r <= p; r++) {
		    q *= r;
		}
		System.out.println(q); //=> 120

		// べき乗(累乗)
		int s = 2;
		int t = 3;
		int u = 1;
		for (int v = 1; v <= t; v++) {
		    u *= s;
		}
		System.out.println(u); //=> 8

		// べき乗(累乗)with Math.pow
		double w = 2;
		double x = 3;
		double y = Math.pow(w, x);
		System.out.println(y); //=> 8.0
     }
}

Mathクラスの使い方

JavaのMathクラスは、計算や数値を扱うことに長けています。
自身で細かく数値制御する場合、実際の値からかけ離れた変数を設定したり、式の間違いが発生しやすくなりますが、そういったミスを減らすことに役立ちます。
以下に、Mathクラスの使い方例を書き出します。
Main.java
public class Main {
    public static void main(String[] args) {
		// 円周率
		double pi = Math.PI;

		// 自然対数の底
		double e = Math.E;

		// 2の自然対数
		double log2 = Math.log(2);

		// 2の平方根
		double sqrt2 = Math.sqrt(2);

		// 立方根
		double cbrt = Math.cbrt(8);

		// 絶対値
		int abs = Math.abs(-10);

		// 最大値
		int max = Math.max(10, 20);

		// 最小値
		int min = Math.min(10, 20);

		// べき乗
		double pow = Math.pow(2, 3);

		// 乱数
		double random = Math.random();

		// 四捨五入
		long round = Math.round(1.5);

		// 切り上げ
		double ceil = Math.ceil(1.5);

		// 切り捨て
		double floor = Math.floor(1.5);

		// 三角関数SIN
		double sin = Math.sin(1.5);

		// 三角関数COS
		double cos = Math.cos(1.5);

		// 三角関数TAN
		double tan = Math.tan(1.5);

		// ラジアンから度へ
		double toDegrees = Math.toDegrees(1.5);

		// 度からラジアンへ
		double toRadians = Math.toRadians(1.5);

		// 引数合計
		double sum = Math.addExact(10, 20);

		// 引数差
		double difference = Math.subtractExact(10, 20);

		// 引数積
		double product = Math.multiplyExact(10, 20);

		// 引数商
		double quotient = Math.floorDiv(10, 20);

		// 引数剰余
		double remainder = Math.floorMod(10, 20);

		// 符号
		double signum = Math.signum(10);
    }
}

計算や数値を正しく扱うことの重要性

Javaのみならず、プログラミングでは数値を正しく扱うことで予期せぬ障害を防ぐことができます。
複雑な計算式になればなるほど、自身でアルゴリズムを考えて実装するより、便利なクラスやメソッドを利用して保守性を高めることに努めてください。
業務用アプリケーションやゲームといった、細かい数値制御が必要とされる際に役立つので頭に入れておきましょう。